ユーティリティナビゲーション
グローバルナビゲーション

現在のページは ホームの中の 制作実績:官公庁・自治体その他制作実績の中の プロダクションノート 硫黄島パンフレット のページです。

ここから本文です

硫黄島パンフレット

硫黄島パンフレット 表紙画像

防衛省では硫黄島日米合同慰霊祭に向けた広報用「硫黄島パンフレット」を制作しました。当社では、企画、現地取材、原稿執筆、デザイン、印刷のすべての工程を一貫して担当し、小笠原諸島における防衛省・自衛隊の役割、重要性を伝えるよう努めました。

硫黄島は東京から南へ約1280kmの小笠原諸島に位置し、太平洋戦争末期には日米両軍が死闘を交えた硫黄島攻防戦が繰り広げられました。昭和43年に米国より返還され、その後、戦没者のご遺骨収集帰還事業を行い、約21,900人戦没者のうち約半数のご遺骨を収容しました。また、島内には多数の不発弾が残存しており、今もなおご遺骨の収容及び不発弾処理を行っています。

現在は原則として民間人の島への立ち入りは禁止されており、自衛隊が管理などを行っております。自衛隊では、基地施設の維持、日米合同訓練を含めた飛行訓練支援などを行っており、特に小笠原諸島全域を対象とする救難活動を行う重要な役割を担っています。

制作データ

制作実績
関連リンク